徹底! G空間データ マスタークラス(東京)

Description

徹底!G空間データマスタークラス

  • いつまで“もやっとプロポーザル”出しますか?それとも発注者を唸らせる“尖ったプロポーザル”を出しますか?
  • 他では教えてくれない、一歩先のG空間データの活用エスプリを身に着ける、データサイエンティストに向けた年に1度の貴重な2日間です。
  • 受講をおすすめするのはこんな方:地理空間情報を使った提案・開発を行っているシンクタンク、コンサルタント、測量、システム開発、研究等に携わる方

1.講座概要

・開催日程:2018年6月25日(月)13:30〜17:00 および 6月26日(火)10:00〜17:00の2日間
・受講料金:50,000円(税込) ※2日間分の通し金額のみとなります.
※AIGIDの幹事会員・データ会員に該当される方は、割引コードがあります。チケットご購入前に5.お申込み先の事務局アドレスまでご連絡ください。
  
・会場:東京大学駒場第二リサーチキャンパス(As棟中セミナー室5)
・主催:一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)※共催等は、下記 6.を御覧ください。

2.マスタークラスの主なスケジュール

●6/25(月)
13:30~14:30「政策立案者・発注者のねらいを探るコツ」(関本義秀)
 最新のデータトレンド/政策立案者が気にする事/提案書を読むポイント/データに精通する
14:30~17:00「GISソフトウェアをスムーズに使うテクニック」(大伴真吾/瀬戸寿一)
 G空間情報センターの格納データを知る/QGISの基本操作に慣れる

●6/26(火)
10:00~15:30「データの特徴を掴み、使いこなすテクニック」(大伴真吾/瀬戸寿一)
 三次元で可視化する/動く地図を作る/大きなデータを快適に再利用する/APIを使って役立つ仕組みを作成する/G空間情報センターから提供されているツールを使う
15:30~17:00 「アイディアをアウトプットに変えるテクニック」(大伴真吾/瀬戸寿一)
 データ活用方法を整理する/受注者の求める形を表現する/あっと言わせるプレゼンを作る

3.お持ち頂くもの

「QGIS Version2.18」とブラウザがインストールされたノートパソコンとマウス
https://www.qgis.org/ja/site/forusers/download.html
※講義はWindowsで行います.またブラウザはFirefoxかGoogleChromeをご用意ください.WiFi環境はご用意する予定です.Mac等での受講も可能ですが,動作保証は致しかねます。

4. 担当講師について

関本 義秀
(一社)社会基盤情報流通推進協議会・代表理事。東京大学生産技術研究所・准教授。総務省地域情報化アドバイザー 等

大伴 真吾
社会基盤情報流通推進協議会・理事。(一社)地理情報システム学会GIS資格認定協会・幹事長。(公財)日本測量調査技術協会 地理情報標準認定制度講習・試験委員会・委員長 等

瀬戸 寿一
東京大学空間情報科学研究センター・特任講師。総務省地域情報化アドバイザー。国土地理院測量行政懇談会 臨時委員 等

5.お申込み方法

本サイトよりお申し込みください。
6/22(金)15時までに受講料金の決済完了をお願いします。
領収書については、 Peatixから発行される領収データのご利用をお願いいたします。
※上記以外の申し込み方法をご希望の方は、office@aigid.jp までお問合せください。

6. 開催主体

主催:一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)
共催:東京大学空間情報科学研究センター「G空間宇宙利用工学」社会連携・寄付研究部門、東京大学生産技術研究所関本研究室
後援:OSGeo財団日本支部、一般社団法人地理情報システム学会

7. 講座で習得できる主なラインナップ

●GISソフトウェア/アプリケーション編
データを扱う“使える”基本機能をマスターする。  

GISソフトと一口に言っても、色々な機能がありすぎて、どれが使えてどれが使えないのかわからない。背景地図の選び方とその配色のコントラスト、適切な縮尺での表示、見せたいレイヤのハイライト、凡例やテキストの大きさのバランスなどなど。そうした基本的な勘所から三次元やアニメーション表示などの高度な表現スキルを身につけます。

●データセレクト編
データバリエーションのカードを増やし、データの特徴を活かす“こなれテクニック”をマスターする。  

交通分析なら、メッシュ人口、リンク交通量。環境分析なら、三次元都市空間データや気象データ。防災計画であれば、地震や河川・港湾のデータ。際限ない地理空間情報の種類は多岐にわたり、また各分野で国や研究機関が公開する無償データから民間企業が有償販売する商用データまで様々。このようなデータのそれぞれの特徴や利用可能範囲、コスト感を身につけ、普段から学習できるテクニックを身につけます。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#343463 2018-06-07 12:25:54
More updates
Jun 25 - Jun 26, 2018
[ Mon ] - [ Tue ]
1:30 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京大学駒場リサーチキャンパス生産技術研究所(As棟中セミナー室5)
Tickets
2日間通し券 ¥50,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jun 24, 2018.

Venue Address
東京都目黒区駒場4−6−1 Japan
Organizer
G空間情報センター
7 Followers